ヤマカワラボラトリ

ことばとおんがくがすきなめんへらさん、ヤマカワの研究所。

00300_ちりもつもれば

塵も積もれば山となる、ですね。

ちょこちょこと書き溜めた記事も、今回で300個目です。

週一くらいのペースでは書いてるからな。

 

大して有益なことを書いているわけでもないし、

まとまった文面にしようと意識しているわけでもないし、

のほほんと頭に浮かんだことを言葉にできればいいなと思っています。

 

何をどう伝えたらいいかは全然わからないんだけど、

伝えたい、というより、分かってほしい、という気持ちは強いんだと思う。

だから、支離滅裂を言葉にするということを辞められないんだろうな。

 

言葉にしたって伝わるのはほんの一部だと思うし。

何ダサいことやってるんだ、みたいに笑われている気もしないではない。

自分を批判する言葉は無限に湧いてくる。

 

それでもまぁ。

ネガティブだけが人生じゃない。

できる時には前を向いていこう。

00299_逃げと後悔

逃げることについて。

 

「逃げていい」という言葉。

私も「辛かったら逃げてもいい」という考えですが。

どんどん逃げすぎてしまって、何にも挑戦していないというか、得られたはずのものを得られなかったのでは、と後悔する気持ちがあります。

 

一応理解はしているつもりなんです。「あの時逃げなければ」なんて選択ができるほどの甘い辛さではなかった。状況を打開しようなんて考える余裕もなかった。

だから、その時した判断を受け入れなければいけない。

 

悔しい、と少し思う。

でもなぜか、その悔しさが少し遠い。膜一枚隔てた向こう側にあるような感覚。

あの時逃げたから今ここにいて苦しんでいるのだ。それが圧倒的事実なのは分かるけど、後悔という感覚とうまくつながっていない感じがする。

 

結局ただのわがまま、というのが一番しっくりくる理解。

やるべきことをやりましょう。

00298_幸せになりたい

寝不足とか服薬の忘れとかが続いたり重なったりして、主観的に結構ハードな一週間でした。

つらいのよくない。ちゃんと寝よう。ちゃんと薬のもう。

自分の安定がまずは第一だ。

 

辛いことがあるのは当たり前なんですが。

最近色々悩みがちです。もう年単位で悩んでる。

 

この仕事向いてないんじゃないか。

自分に向いてる仕事なんてないんじゃないか。

このまま独身で寂しく生きるのか。

でも家族を持ったらより不幸になるんじゃないか。

 

などなど。

 

状況変わっても、悩み事は尽きません。

考え方の癖を変えてあげる、とかの方が幸せになれるんだろうか。

 

「幸せになりたい」んじゃなくて「楽になりたい」んじゃないか。

 

そんなことも思います。

幸せになるための努力、投資ができない。

しかし、何もしないだけの楽な生活でも、不幸が頭に渦巻くことはある。

 

何とか打開しなければ。何とか打開しなければ。

00297_疑似通院

A「最近、もう駄目かもって思うんですよ」

 

B「そうなんだ。どうして?」

 

A「もう人生がどんずまってる感じなんです。何をしても面白くない、何をしても暗い、そんな憂鬱を感じることが増えました」

 

B「閉塞感、というやつかな?」

 

A「そうとも言えるかもしれません」

 

B「生きるのも嫌になる?」

 

A「たまに。駄目と分かっていても死にたくなることもある。でも長々と生きていくのもしんどい。結局理想通りの未来になんてならない。何十年もこんなしんどさを背負って歩くのはしんどいなと思ってしまって」

 

B「何かあったの?」

 

A「具体的な出来事があったというよりも、もう最近はずっと考えてますね。周りはどんどん仕事で出世したり、家族を養ったりしているのに、自分だけいつまでもぐうたらぐうたらしている。さぼりぐせが強く太ってしまった。自分がどんどん駄目になっていくのを見るのが辛いんです」

 

B「抽象的な考えが多いね。なにか具体的な出来事で、引き金になるようなことはあったのかい?」

 

A「あんまり言いたくない」

 

B「まぁ言いたくないならいいけど。具体的な問題から目を背けるのはよくないかもしれない。考えすぎてドツボにはまるよりも、具体的な問題を解決していく方が気持ちは楽になる」

 

A「わかりました。ちょっと非公開の日記に書いてみます」

 

B「そうしてみるといいかもね」

 

A「ありがとうございました」

 

B「いえいえどうも、ありがとう」



00296_書きたい

書きたい。

 

それは、本当に「書きたい」という気持ちなのか。

 

巧い文章を書いている人にあこがれて、その人みたいに称賛を受けたいだけじゃないのか。

 

自分の能力が高い、ということを誇示しようとしているだけじゃないのか。

 

だって、別に言いたい「こと」があるわけでもないんでしょう?

 

「何か」書きたいって、そりゃ順番が逆だよ、という話です。

 

何が言いたいのかわからなきゃ、何も言葉も出て来やしないさ。

 

もしかしたら、言いたいことはあるけど言葉にできないとか、言葉にする勇気がないとか、そういう可能性もあるかな。

 

こんなことを言っていることを他人に知られたら嫌われてしまう。

 

だとか

 

そんなことを言っているなんておかしい、と批判されたらどうしよう。

 

だとか

 

そんな弱々しい感情のせいで、言葉にできずにいるんだ。

 

別に言わないのは構わないけれど、そんな弱々しい人間にあなたはなりたかったのか。

 

なりたくないなら言えばいいじゃない。

 

嫌われようが、炎上しようが、それもまた自分の姿でしょう。

 

痛みに耐える覚悟もないままで、おいしいとこどりだけしようとしたって、そりゃあ無理さ。

 

負うべき覚悟は負いなさい。さもなくば文句を言うのをやめなさい。

00295_いい子ちゃん

書きたいことがブログでさえ書けないことがある。

今も。

 

それは正しい。

書くべきでないことを書きたがっている。

 

でも、そんなんでいいのだろうか。

無難なことしか書かないなんて、字書きとしてどうなんだろう。

嫌なことを抑圧しがちとは心理検査でも言われている。

 

人とのつながりを失うのが怖い。

新しい人とのつながりを作るのも怖い。

孤独もつながりも恐いんだ。

 

結果、変われないでいる。

嫌われる勇気がない、といえばそうとも言える。

 

でもな。正しさを追い続けるのにも疲れてしまった感がある。

自分は結局この程度の人間なんだと思いたい部分もある。

身分相応の生き方をすればいいと思うこともある。

 

愚痴をぼかしたいなんて思ってたら、全然違う方向に愚痴っぽくなってしまった。

嫉妬もする。愚痴も言う。ひどいことだってたくさん考えている。

そんな「ありのまま」の私を受け入れてくれというのは、贅沢なんだろうな。

 

いい年してこんなこと考えてるのばからしい。私を笑う誰かのことが思い浮かぶ。

やめてくれ。そんなことされたら、さらに何も言えなくなってしまう。

 

00294_いらいら

最近、といってももうかなり長い間、イライラすることが増えています。

多分一年以上にはなる。

 

自分にいらいら。

周りにいらいら。

 

独り言で愚痴を言うこともすごく増えました。

 

んー、愚痴っぽい自分嫌だなぁ、とやっぱり思うわけです。

もっと機嫌よくにこやかに生きていきたいものだと。

 

でもこう、自分の自然な感情たるイライラを否定するのもよくないのかなと思ったり。

以前受けた心理検査でも「感情を抑圧してしまう傾向にある」なんて言われたし。

抑圧したらそれこそ溜まってイライラしちゃうはずだ。

 

適度にストレス発散していかないとな。

ブログでの文章表現も、ストレス解消の一環です。

しっかりした構成とかせず、思いつくまま思いつくことを綴る。

それって結構気持ちいいものだと思うんです。少なくとも私にとっては。

 

最近イライラするテーマって、だいたい自分の将来のことなんです。

このまま低賃金で働いていていいのか。

このまま孤独に過ごしていていいのか。

もっと他の可能性があるんじゃないのか。

 

そんなことを考えてばかりいます。

そして、「考えるよりまず行動しろよ」とか「未来の可能性ばかり考えないで今をしっかりやれ」とか、そういう考えがわいてきて、「うるせぇなぁ、わかってるよ」「そんなことわかってるけど、それでも悩んでしまうんだよ」とか、頭の中がごちゃごちゃしてきます。

 

結論はでないけど、もしかしたらずっと出ないものなのかもしれません。

とにかく、一生懸命生きよう。