読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマカワラボラトリ

ことばとおんがくがすきなめんへらさん、ヤマカワの研究所。

00056_他人の怖さ

本日もメンヘラ.jp様の記事の紹介です。

menhera.jp



Twtter等で毎日お世話になっている宮地くんの記事です。
他人が信用できない、っていう気持ちは自分にもあります。

先生方は今は僕のことを優しく接してくれてますが、僕が使えない人間だってわかるとおそらく扱いを変えてしまうでしょう、僕はそれが怖いのです。と説明しました。

まるで自分のことのように思いました。前職で働いていた時、最初はみんな優しくしてくれたのに、私が仕事が出来ないのがわかると皆冷たくなってしまったように思いました。
もしかしたら、周りの皆さんは「冷たくしよう」とは思ってなかったかもしれません。
でも、どうしても、「こんなダメな自分のこと、心のどこかでは嫌がっているに違いない」と勘ぐってしまうのです。被害妄想の始まり、ですね。

何となく思ったのですが、人間関係で悩みすぎる人というのは、もしかしたら人間関係に過度な期待を抱いているというか、仲良く慣れさえすれば万事OK、みたいな考えというか、そういうのがあるかもしれません。

相手も人間だから不完全だし、自分ももちろん不完全だし、不完全な人間が数多く集まればそれはうまくいかないことが出るのは当たり前なんですよね。

人間に期待しすぎず、かと言って人間に失望しすぎず。
そんな風に生きていきたいなと思うのでした。