読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマカワラボラトリ

ことばとおんがくがすきなめんへらさん、ヤマカワの研究所。

00076_共同作業

昔から「協力する」ということが苦手だった。

共同作業をしなければならないとき。
まずは相手に意見を求める。
相手がしたいようにする。
自分の意見は基本的にない。
あっても口に出してぶつかりあうのは面倒だから、
適当に調子を合わせてやり過ごす。

一方で、自分ひとりで作業をするときには、納得出来ないところを極限まで潰したいと考えている。
誰かと協働で作業すると、相手に合わせなければならないので、正直嫌な気持ちが強かった。
たとえその結果アウトプットが上質だったとしても、自分の納得がいかない。
そんな風に思っていた。

ひどく独善的な考え方だなぁと反省している。
結局自分の思い通りに行かないと不満なのか。
思い通りにする実力もないくせに意識ばかり偉そうなのか。
身の程を知れ、という話だな。

それでも最近、人と協力して作業をすすめることに抵抗感はなくなってきた。
良いものを作るために、いろいろな人に関わるために、
必要であれば助けを求めよう。力添えを願おう。
一人ではできないことも二人なら、というのは確かにそうなので。
なので、もし私が助けを求めたら、そのときには無理のない範囲でお力添えいただけるとありがたいです。