読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマカワラボラトリ

ことばとおんがくがすきなめんへらさん、ヤマカワの研究所。

00139_メンヘラを救うのは福祉なのか

唐突に、メンヘラを救うのは福祉なのかということが気になったので書いてみます。

 

そりゃもちろん、自立支援医療制度とか障害者手帳の制度とか、福祉制度がメンヘラの生活に役立っているのは確かなんですが、福祉でカバーできないメンヘラも多いよな、と思うこともあって。

 

ちなみに、メンヘラの定義については、メンヘラ.jp様の記事にて詳しく検討されていますので、そちらをご覧いただければと思います。

「メンヘラ」ってどういう意味? メンヘラという言葉が生まれるまで – メンヘラ.jp

 

メンヘラ.jpでは、「メンタルヘルスに問題を抱えている人」として使っていきます!

 

というところが非常に分かりやすく、切り口としてやりやすいのでここから見ていきたいのですが。

 

1.メンタルヘルスとは何か

2.何が「問題」なのか

 

という二点がちょっと疑問になってきます。

 

1.について。メンタルヘルスといえば心の健康。

あえて「心の」という風に付ける必要があるのは「体の」健康と区別するため。

健康には二種類あり、ひとつは「体」、ひとつは「心」。

そういえば精神科の診断を付けるときには、身体の異常所見がないことを確認するのが必要とか必要でないとか聞いたことが有る気がします。パット見うつ病っぽいけど、実は甲状腺の異常なので体の病気でした、みたいな。

体のどこを見てもそれらしい原因が分からず、消極的な理由で「心」の方に原因を見出す、なんてこともありそうです。実際そこまで厳密に身体を調べてるかと言えば違うと思いますが。

 

さて、心の健康とのことですが、心の健康とは何か、もよくわからんですね。議論が遅々として進まぬ。

「心の健康」があるということは「心の不健康」があるということだと推測できそうです。

自分としては「心の不健康」のイメージはしやすいです。

 

イライラする、怖い、何も考えられない、死にたい、ぶん殴ってやりたい、もう殺して欲しい、泣いちゃダメなのにそう思えば思うほど涙がでる、許して欲しい……

 

などなど、この辺が個人的な心の不健康かなぁと思います。

 

でもこれ主観で決められねぇよなぁ。

「私は元気!」「私は神!」とか思っている、本人が苦痛を感じていない状態だとしても、周囲からその中身を見ると「いやあんたあまり健全には見えませんよ?」となりそうです。いわゆる躁状態や陽性症状の中で全能感が出ているときみたいな。

 

まえから少し思ってたんですけど「心が健康な人間なんているのか?」ということも検討の余地があるかと。逆に「オレはいつでも元気! 世界は素晴らしい!」とか言う人のほうがサイコパスっぽく思えます。

多かれ少なかれみんな何かしらメンがヘラっていて、それを隠すのが上手い人を見て「あぁ、あの人は元気そうだなぁ、健康そうだなぁ」と勝手に決めつけているのかな、とも。

人間誰しも強烈なストレスがかかれば社会的に振る舞うのは難しいんじゃないか、とも思います。それが自傷とか発狂とかにつながればメンヘラになるし、犯罪とか暴力につながれば犯罪者になる、そんな気がします。

 

健康についての話をするなら健康の定義に触れてしかるべきかと思いますが、ただでさえ進まぬ議論がさらに遅れるのでとりあえずパスします。みんな多かれ少なかれストレスはあれど、それが生活に支障をきたすレベルになると不健康、ということにしましょうか。

 

すいません、当初予定していた方向に進んでこないんですが、自分が興味を持ったことをそのタイミングで文章にしています。なのである意味統合失調症の思考記録的な側面もあるな。

 

閑話休題

心の不健康が生活に支障をきたすのが問題、これはなんとなく自分が持っていきたい話でもありました。唐突に1.が終わって2.になったな。

 

で、「問題」ということについて。

問題とは、理想と現実が離れている状況のことだ、と聞いたことがあります。

働きたいのに働けない、とかね。

で、意外とあるのが、「これはそもそも問題なのか」という着目点。

 

たとえば「働きたいのに働けない」と思っているAさんがいるとします。

Aさんに「どうして働きたいの?」と聞くと

 

「そりゃああんた、働かなきゃお金がもらえないじゃない、お金がなきゃご飯が食べられないし、お腹が空いたら辛いし最悪死んでしまうじゃない、死にたくはないわ」

 

という風になりそうです。Aさんの揚げ足を取ると、

 

Q1.じゃあさ、お金があれば働かなくても良いと思う?

Q2.働かなくてもご飯が食べられれば良いと思う?

Q3.空腹が辛くなければ働かなくても良い? 人工的に満腹中枢刺激し続けて空腹感も辛さも感じずに済むなら働かなくても良い?

Q4.どうして死にたくないの?

 

などなどの疑問点が出てくると思います。Q3.Q4.はさすがに暴論かなと思うのですが、Q1.Q2.あたりは「YES!」って答えも有るかと思います。

 

こうすると、「働かなくても問題ない」という流れにもできそうです。

問題の本質が変わった、ということかな。でもこんなこと聞いたら絶対Aさん「そうね私働かなくてもいいわ!よかったわね!」みたいな感じでキレそうです。あるいは「やってらんねぇ」って白けるか。

 

で、Aさんの問題を解決するのに「働かなくてもお金がもらえる」状態を作るのが、福祉の仕事のひとつにありますね。「生活保護」とか分かりやすいです。税金を投入して国民の最低限度の生活を保障する、的な。

 

しかし、この問題を解決するのに福祉制度っていうやり方を取るのが必要かと言われれば、そうでもないかもしれないとも思います。

統合失調症患者は妄想が突拍子もないので、たとえば

 

パトロンがいれば生きられるんじゃね?

・株とか覚えて稼げれば働かなくて済む?

・ドローンが毎日無料でご飯もってきてくれればいいなぁ。

コールドスリープしてとりあえず肉体だけキープしといて後はずっと寝てるでも良い気がしてきた。

・そもそも金とかいらないすごーいたのしー世界にならないかな?

 

とか考えます。福祉とか関係ない話ばっかりです。まぁ妄言ですが。

心が不健康だったとしても、色んな切り口で解決策を考えられたらいいなぁと思います。