ヤマカワラボラトリ

ことばとおんがくがすきなめんへらさん、ヤマカワの研究所。

00584_見えないところ

特定の誰かやどの件、と言うわけではないけれど。


もうだいぶ前からなんだけれども、ネット上の、もっと具体的に言えばTwitter上の論戦、みたいなものに疲れてしまった。

自分は特に誰かと言い争っているわけじゃないけれど、見ているだけでも消耗してしまう。

そういう思いの吐露ですら「対話することを拒むのか」と罵られそうに思える。


これでも昔はインターネットやそれを通じたコミュニケーショについて明るい未来を思い描いていたものだけれど、現状を見るとそれは結局夢物語だったと思わざるを得ない。仕方ない。


インターネットで可視化されない部分に、心落ち着けるところがあるんじゃないか。そんな気もしている。わからない。オフラインの現実の方がもっと残酷なのかもしれない。十分そう言う気もする。


夢を見過ぎる性格だ。もっと言えばそう言う病に冒されている。今もきっと。

失望は、現実理解の解像度が上がったのだとも言える。

非現実的な妄想で得ていた幸福感が減少することは、現実への適応度が上がったとも言える。

そうなのかな、そうなのかな。


とにかく今は。

目の前のコーヒーがおいしいとか。

そう言うことを大切にしていきたい。

00583_積み重ね

知識や経験をしっかり積み重ねたいという話。

繰り返して身に着けることもそう。

新しいことに触れて取り入れるのもそう。

自分の中でぐるぐると考えているだけでは発展しないから、

読んだり書いたり話したりして深めていきたい。

 

自分の良くない癖で、「今できること、持っているものなどを取るに足らないものと考えてしまいがち」と言うことがある。

同じように「他の人がやっていることや、目新しいものが面白そう・有益そうに思える」何ていうこともある。

ほどほどならいいだろうけど、羨みすぎるのも問題だ。

自分で生きていける人生のルートは一本だし、手に持てる荷物の量には限りがある。

可処分時間も限られている。

 

新しいことがしたければ今していることを辞めねばならないし、

新しいものが欲しければ今持っているものを手放さなければならない。

 

そういうことを繰り返して出来た自分の人生が、

他人と比べて劣るとか、そういうことは考えないようにしたい。

他人と比べて勝るとか、それも考えないようにしたい。

どれだけ自分の人生を積み上げていけるか。

高さじゃないかもしれない。広がりかもしれない。

不格好な形だとも思う。それでもまぁ、生きていかねばと思う。

 

抽象的なことばかり言っている。

曲がりなりにもオンラインなので、具体的な展望を書くのははばかられる。

取り敢えず、考えていることを文章化する練習として、またブログを書いている。

 

00582_ちょっと疲れた

ここのところ色々なことが続いて、少し疲れてしまった。

自分がとても無価値な存在に思えてしまう、というのかもしれない。

自分の中の複雑な感情をよくある表現に収めてしまうもどかしさがあるが、近似値でも言語化しないと何も伝わらないからなぁ。


またぼんやりとした言い方をしてしまう。

自分だったら、こんなぼんやりとした言い方をしている人を見ると「もしかして自分のことをいっているのかな?」と、不安になったりしそうである。

「あなたのことじゃないよ」と言って回りたくなるが、それも面倒くさくなって、結局ぼんやりとした言い方すらせず、口をつぐんでしまう。

そうやって何も話さないから、自分の中で溜め込んでしまうから、疲れてしまうんだ。そんな気もする。

「言えない何かがある」を言うだけで、周囲に気を遣わせてしまうようで申し訳ない。

そんなこんなで、誰にも言えないことが多すぎる。


まぁそれも自分だけじゃないよな、と思う。

誰にも言えないことの量は他人と比較することはできないし。

そうするべき類のものでもないだろうし。


幸か不幸か、一晩ぐっすり眠れば気持ちは収まる。

幸としては気持ちが落ち着くこと。

不幸としては、状況が変わらないこと。そのまま目を背けがちなこと。


信仰心不足を責められる敬虔な信者のように、自分も逆方向に走っているのかもしれない。そんな気もする。


大きめの疲れを感じると「それはあなたの生き方の疲れなのだ」と言われているような気がする。そうかもしれない。そこまで考えなくてもいいのかもしれない。


とりあえず、ゴールデンウイークはゆっくり休みたい。

00581_時間を作りたい

時間が足りないな、と思う。

う〜ん、仕方ないよなぁ。

今はそれでも時間に余裕のある生活を送れているはずなんだ。


それでも8時間は働かなければならないし(拘束と考えればおおむね10時間)、

8時間は眠らないとしんどくなってくるし、

すでに残り時間は6時間しかないことになる。


時間が足りないんじゃなくて、やりたいことが多すぎるんだよなとも思う。

すべきことは大体回っている。

そこに新しいことを詰め込む余裕がなかなかないだけ。

余裕というのは贅沢品だと思う。


「やりたいこと」が無限に広がってしまう方にブレーキをかける方が大事にも思える。

それをやるならどこかを削らなければならない。

選択と集中だ。あとは効率化。新しいものを導入することでスピードアップできるならやっていく。


あとは悩んでいる時間がもったいないから早くするとか。とりあえず手を動かす。

悩まずに色々できるようになりたいなぁ。

体力、なのか、精神力、なのか。

変なところに気を遣いすぎてスピードが落ちてるのはあると思う。

デリケートすぎるところを何とかしていきたいなぁ。

そのために認知行動療法とか色々勉強しているところだけど。

自分を変えるには時間がかかる。

でもちゃんとやればきっと成果が出てくることとも思う。

焦らずやっていくしかないなぁ〜。

00580_不安

ポジティブな時というのは、欠点が見えてなさすぎる時。

ネガティブな時というのは、長所が見えてなさすぎる時。

 

「今の幸せがいつか失われてしまうんじゃないか」という悩みが出ることがある。

でも、振り返ってみると、割とずっと前から「失われてしまうんじゃないか」という恐怖はあった気がする。

 

昔つらい仕事をしていた時、もちろんその仕事への辛さもあったんだけれど、「今のいいところが失われてしまうんじゃないか」という怖い思いもあった。

 

転職だったり異動だったりをして、その都度「以前より良くなった」と思えている。

それにも関わらず「今持っている良いものを失うかもしれない」という気持ちは強くある。

 

もちろん現状にだって不満がないわけではない。

環境を変えればまたそれも変わってくるかもしれない。

なかなか冷静に考えられないものだなぁ。

 

動いて失うものを過剰評価している。

現状維持のリスクを過小評価している。

自分に一番必要なのは行動を起こすことだと思うんだけどなぁ。

 

どこまでいっても不安はついてくるものだ。

それは仕方ない。気にしないようにしたい。

00579_前向きに

何のために生きているんだろうか。

その答えが「創作」だった頃が自分にあった。

良いものを作りたい、そのために生きていく。

しかし、創作をやり続けるにはあまりに怠惰で、志も足りなかった。

 

そうこうしているうちに精神を患い、生きる意味などそもそも感じ取れない時期もあった。

いつからか分からない死にたさが最も強かった頃だと思う。

 

弟を喪ってからは「とにかく生きる」ことを目的としてきた。

108まで生きると。その辺については以前にブログにも書いた気がする。

思えばこのブログもたくさん書いてきたもんだ。

 

とにかく長く健康で生きる。

いささか年寄りくさい目標だとも思う。

「もっと若いうちに苦労しておかないと、年を取ってからでは何もできないぞ」

みたいな思いが浮かんでくることもある。

楽をしすぎているんじゃないかと、良く分からない焦りに駆られることも多い。

 

頑張ればできるのに、やっていない。

人生を無駄遣いしている。

そんな風に自分で自分に責められている。

 

そんな風に自分を責めるのはたいてい睡眠不足かお腹がすいているときだと思う。

イライラしたり、くよくよしたりしたくない。

前向きに生きていきたい。

睡眠時間を削ってする努力はきっと自分には合わない。

すぐに生産性が落ちるし、生きる意志そのものが削がれる。

 

創作も、死にたさも、とにかく生きることも、今も続いている。

矛盾したり強まったり弱まったりしていきながら、ずっと続いていく。

それが自分の人生なんだろう。

色々言われたり、ずれていると思われるかもしれないが、仕方ない。

そういうものなんだと思うきっと。

00578_日常

穏やかな日常が必要だと思う話。

日々を穏やかに過ごせないとなかなか頑張れないと思う。

 

辛いけどここを乗り越えれば良い未来がある、みたいな思いでがんばるには限りがある。

自分自身そういう心持ちでがんばってきたことも多いけれど。

未来のために現在を犠牲にする、みたいなのはなかなか続かない。

結局頑張り切れず自責的になってしまいがち。

 

目標を成し遂げるためには、スモールステップから始めるといいと言われる。

苦手だなと思う。

「なんかすごいことしたい!」みたいな、不相応な、非現実的な目標を描いてしまいがち、

ちょっとスマホでググって「あぁ、こんな感じにすればいいのかな」と思ったところで終わりがち。

何もしない日をそうやって積み重ねる、的な。

 

楽しい日々を送っていたらいつの間にか色々できるようになっていた、

みたいなルートを歩みたいなぁと思うけれど、なかなかそうもいかんよなぁ。

上達は楽しいばかりでは得られないなと思う。

 

適切な、できそうな、やってみたい目標を持って。

成し遂げたらちゃんと報酬があって。

みたいなことをしたいなぁと思う。

 

「目標を成し遂げたら〇〇を買おう!」

と思ったりするけれど、いざ達成すると

「やっぱりお金使うのもったいないな……」

なんてことにもなりがち。

 

色々直前で変えがちだなぁと思う。

ぶれぶれだ。人として軸がぶれている。懐かしい。

 

「ぶれる」という性質が変わらないというちょっとした言葉遊び。

いやぁ笑えんよ。もう少し一貫性を持ち、積み上げていきたいなぁ。

いやほら、そのための日常。

ルーチンワークはむしろ得意だしさ。

穏やかな日常を作ろうとがんばっているじゃないか。

 

きっと、自分のしていることを過小評価しすぎなんだと思うよ。

焦らず一歩ずつ、ゆるゆるやろ。